1. HOME
  2. 実績紹介
  3. PCR非阻害型ウイルス不活化液を用いた臨床唾液検体におけるPCR反応性検討に関する研究の開始

WORKS

実績紹介

PCR非阻害型ウイルス不活化液を用いた臨床唾液検体におけるPCR反応性検討に関する研究の開始

株式会社ビズジーンは北大阪ほうせんか病院の協力を得て、PCR非阻害型ウイルス不活化液を用いた臨床唾液検体におけるPCR反応性検討に関する研究を実施いたしました。
新型コロナウイルス感染症に対するPCR法による遺伝子検出法において、検体の採取及び輸送時に医療従事者や輸送業者が感染性病原物質に暴露することが懸念されています。このため、現在多くの輸送業者はセルフPCR検査の唾液検体に対して「検体の不活化」を取扱い条件としています。
しかし、市販されている既存のウイルス不活化液はPCRを阻害する物質を含んでいるため、核酸を分離せずにPCR反応液を作成するダイレクトPCR法に使用することができません。
現在これらの課題を可決するために新たなウイルス不活化液を開発途中であり、非臨床検体を用いた研究においてウイルスをすみやかに不活化させるだけでなく、PCR反応を阻害しないことが確認できています。
本研究により臨床検体を用いたPCR反応性検討を行うことで、簡便かつ安全に検体を不活化し輸送できるウイルス不活化液の開発を行うことを目的とします。

実績紹介