1. HOME
  2. 事業案内
  3. 迅速検出事業
  4. デングウィルス型別診断キット

迅速検出事業

Rapid detection technology

迅速検出事業

デングウィルス型別診断キット

当社が独自に開発した遺伝子捕獲法とデング型別抗体を組み合わせ、世界的に問題となっているデング熱を型別に診断できるキットを開発いたしました。
デング熱は蚊が媒介するウイルス性の熱性、発疹性疾患で日本では近年は国内感染例はほとんどなく、毎年数十~数百例の輸入感染例が報告されています。しかしながら、世界規模ではここ10年で劇的に感染が拡大し熱帯、亜熱帯地域約100ヵ国を中心に毎年約1億人が発症、うち25万人が重篤な症状をきたしており、特に2回目の感染時に重篤化する確率が高くなると言われています。
デング熱の疾患が簡易に確認され、さらに疾患型が分かることは2回目の重篤化に向けたスピーディーな対応を行うためにも必要なことで、当社キットを用いた現地での診断を目指し、2021年夏にタイにて臨床試験が開始されます。