1. HOME
  2. 事業案内
  3. 迅速検出事業
  4. デングウィルス型別診断キット

迅速検出事業

Rapid detection technology

迅速検出事業

デングウィルス型別診断キット

当社の、イムノクロマト法を使用したキット製造技術と、デング型別抗体を組み合わせ、世界的に問題となっているデング熱を型別に診断できるキットを開発いたしました。
デング熱は蚊が媒介するウイルス性の熱性、発疹性疾患で日本では近年は国内感染例はほとんどなく、毎年数十~数百例の輸入感染例が報告されているのみです。
しかしながら、世界規模ではここ10年で劇的に感染が拡大し熱帯、亜熱帯地域約100ヵ国を中心に毎年約1億人が発症、うち25万人が重篤な症状をきたしております。
デング熱には4つの型が存在し、特に2回目の感染時に1回目の感染時のデング型と異なる型に感染した場合、重篤化する確率が非常に高くなることが知られています。デングウイルス型別診断キットは今までPCRでしか判別できなかったデング熱の型を1つのキットで判別できる最初のキットで、2回目の感染時の重篤化を未然に防ぐことが出来る唯一のキットとなります。
デングウイルス型別診断キットが多くの人々の安全に貢献することを目指し、当社キットを用いた現地での診断の実現に向けて邁進しております。
2021年夏にタイ・Nakhon Nayok病院にて臨床試験が行われ、良好な結果を得ることが出来ています。その結果を受け、現在、タイへの進出に向けて計画を進めております。